競馬の初心者の方におすすめ!コース別予想法

今回は競馬の初心者の方におすすめの、コース別予想方法をご紹介します。血統や馬券の種類で予想する方法をご紹介してきましたが、競馬場のコース別に予想する方法もあります。覚えてしまえば簡単なので、競馬の初心者の方にもおすすめです。

競馬のコースで予想しよう

競馬の初心者の方は、どこの競馬場も同じと思っていませんか?実は全国津々浦々に競馬場はありますが、それぞれの競馬場の特徴はかなり異なっているのです。それを予想に組み込むことで、馬券が当たりやすくなるかもしれません。

今回はその中でも特に覚えておくべきコースをご紹介します。

特徴的なコース紹介

中山競馬場ダート1200m

中山競馬場のダート1200mは、向こう正面の奥からスタートし、外枠の方が最初に芝コースを走る距離が長いため、外枠有利だと言われています。またスタートしてから緩やかな下りが続き、最後に中山名物の急坂も待ち構えているため、ダートにしては珍しく差しが決まりやすいと言われています。競馬の初心者の方は、外枠・差し馬に注目して予想してみると良いでしょう。

東京競馬場芝2000m

天皇賞(秋)などが行われる東京競馬場の芝2000mは、2コーナー奥のポケット地点からスタートし、発走後すぐにコーナーになります。そのため、コーナーまでの距離が近い内枠が圧倒的に有利。逆に外枠はコーナーで外に振られ、かなりのフリです。競馬の初心者の方は内枠の馬を中心に予想することをおすすめします。

京都競馬場芝2000m(内回り)

秋華賞などが行われる京都競馬場芝2000m(内回り)は、外側のコースではなく一回り短い内回りコースを使用します。そのため最後の直線コースは短く、逃げ・先行馬が残りやすい傾向にあります。差し馬はマクリが得意な馬や、器用な立ち回りができる馬以外は厳しい展開となります。競馬の初心者の方は、逃げ・先行馬を中心に予想すると良いでしょう。

このように、各競馬場のコースによって有利な馬・不利な馬が分かれてきます。競馬の初心者の方は、各コースの特徴で予想してみることも良いかもしれません。

まとめ

  • 中山ダート1200mは外枠・差し馬
  • 東京芝2000mは内枠の馬
  • 京都芝2000m(内回り)は逃げ・先行馬