競馬の初心者の方注目!単勝のコツ

今回は競馬の初心者の方注目、「単勝」で良い配当を得るためのコツをご紹介したいと思います。単勝は1頭を当てるだけなので、まさに競馬の醍醐味と言えるかもしれません。初心者の方も、単勝で競馬を楽しみましょう!

「単勝」とは?

単勝とは、1着の馬のみを当てる、非常にシンプルな馬券です。それだけでなく、レース中は1頭の馬を追いかけていれば良いので、筆者としては感情移入して応援しやすいのではないか、という個人的な想いがあります。

このように単勝はまずは競馬の初心者の方が最初に触れる馬券かもしれません。では単勝で良い配当を得るためのコツとはなんでしょうか。一緒に見ていきましょう。

単勝のコツ1「大本命馬に賭ける」

まずは1つ目、大本命馬に賭けるという方法をご紹介します。

だいたい1日に1レースは、単勝人気1倍台の大本命馬が出走していることがあります。競馬の初心者の方に、そのような馬の単勝に賭けるということをおすすめします。

しかし、デメリットもあります。それは大きな金額をかけないと儲けられないということ。単勝オッズ1倍台であれば、100円かけたところで10〜90円ほどの儲けにしかなりません。そのため、1万円かけて1000〜9000円儲ける、さらにはもっと賭けるなど、競馬の初心者の方にはリスキーな大きな勝負をしなくてはいけません。

そのため、どう見ても負けようがないといったレース、例えば日本ダービーのディープインパクト1.1倍や、有馬記念のオルフェーヴル1.6倍といったレースで勝負してみると、競馬の初心者の方でも儲けられるかもしれません。

単勝のコツ2「あえて大本命馬を外す」

1つ目のコツと矛盾するものですが、あえて大本命馬を外すという方法もおすすめしたいと思います。単勝でもそこそこ儲けたい!という人にはおすすめです。

ここでこのコツを説明する前に、単勝オッズの決まり方について紹介しましょう。まず、単勝はそのレースで購入された金額の総計を計算します(忠実には控除率の計算などもありますが、難しいのでここではないものとして説明します)。そしてレースが終わったら、購入された金額を当たった人すべてに均等に配分します。これが配当の仕組みです。

そのため、1番人気の馬でも、圧倒的にファンから購入されているか、他と比べて購入されてるかということでオッズが変わってきます。例えば1番人気のオッズが4倍前後のいわゆる混戦と言われる場合、他の2番人気の馬や3番人気の馬などもそれほど変わらない5倍程度に落ち着くことが多くあります。

しかし例えば1番人気が1倍台という圧倒的に支持されている場合、2番人気の馬であっても9倍台や二桁倍率になってしまうことも珍しくはありません。その仕組みを活かして、あえて大本命馬を外すこともおすすめです。

例えば2011年の阪神大賞典というレース。このレースの大本命馬はオルフェーヴルという当時の最強馬で、その単勝オッズはなんと1.1倍とかなり支持されていました。しかしオルフェーヴルは2着に負けてしまい、勝ったのは3番人気のギュスターヴクライという馬。3番人気という人気馬でありながら、単勝オッズは13.4倍もついていました。大本命馬が負けることは多くはありませんが、あえて外して当たれば案外良い配当が得られるかもしれません。

単勝のコツ3「中穴馬に賭ける」

次は中穴馬に賭けるという方法。この方法を使えば、競馬の初心者の方でもあまり大きな金額をかけなくてもそれなりに儲けることができます。

例えば2014年の京都金杯。筆者はエキストラエンドという馬に注目しました。その理由は京都の開幕週では内枠の馬が来ること、得意な1600M戦に戻ったことなどから、絶対に勝つと信じて単勝を買い、実際に儲けました。この時、エキストラエンドの単勝は10.1倍。大穴馬じゃなくても、十分に儲けることができます。

以上の3つの方法をご紹介しました。初心者の方は、最初のうちは1つ目の大本命馬にかけてみると当たりやすいと思います。しかし、もっと高い配当が欲しいという人は、2つ目や3つ目のやり方に手を出しても良いでしょう。

まとめ

  • 単勝のコツ1「大本命馬に賭ける」
  • 単勝のコツ2「あえて大本命馬を外す」
  • 単勝のコツ3「中穴馬に賭ける」