競馬伝説を攻略しよう!初心者馬券術

今回は競馬の初心者の方が攻略すべき「競馬伝説」をご紹介したいと思います。競馬に伝説なんてあるの?と思った初心者のあなた!競馬界には考えられないような伝説があるのです。競馬伝説を攻略して、馬券を当てましょう!

「競馬伝説」とは?

初心者の方の認識として、競馬はただのギャンブルであるかもしれません。しかし、競馬はギャンブル以外の側面もあるのです。

競馬は他のギャンブルとは違い、馬という生き物の勝ち負けに賭けるということが特徴です。そのため、単純に考えることはできない競馬伝説があるのです。そのような競馬伝説を攻略することで、初心者の方は馬券が当たりやすくなるかもしれません。

競馬伝説1「オグリキャップの有馬記念」

まずは名馬オグリキャップの競馬伝説をご紹介しましょう。

オグリキャップは地方の笠松競馬という、野球でいうところの2軍で育ちました。しかしその強さは目を見張るものがあり、中央競馬に移籍。移籍してからもG1マイルチャンピオンシップを制するなど、一大競馬ブームを引き起こしました。

しかし、オグリキャップも年齢には勝てません。加齢とともに、能力は衰えていき、最後の引退レースとして陣営は有馬記念を選択しました。

誰もがもう勝てないだろうと予想し、単勝は4番人気。しかしオグリキャップは、まさかまさかの勝利を手にしました。レースが終わった後は引退するということがわかっていたのでしょうか、その場から動かなかったと言います。

このような競馬伝説を初心者の方が攻略することができれば、今回の場合は単勝4番人気。良い配当が見込めたのではないでしょうか。

競馬伝説2「オルフェーヴルの有馬記念」

次は初心者の方もご存知かもしれません、オルフェーヴルの有馬記念についてです。

オルフェーヴルといえば、3冠を達成し、有馬記念や宝塚記念などを制した名馬中の名馬。鞍上は池添謙一騎手が務めていました。

しかし、フランスの凱旋門賞では、経験を不安視され、現地の騎手に乗り変わられてしまいました。

そして帰国後の引退レース、鞍上には池添謙一騎手が戻りました。池添騎手は燃えていたことでしょう。最後の直線でも後続を引き離して圧勝。最後の花道を飾りました。

このレースは単勝1番人気ながら、1.6倍。それなりの配当を見込めたでしょう。

以上のように、「引退レース」や「鞍上のリベンジ」などは競馬伝説が起きやすいのではないでしょうか。それを攻略することが、初心者の方にとっては馬券上達の近道なのかもしれません。うまく競馬伝説を攻略していきましょう!

まとめ

  • 競馬伝説を攻略すれば良い配当のチャンスも?
  • 競馬伝説は「引退レース」「鞍上のリベンジ」を狙え!