馬券の買い方 フォーメーションとは?

今回は「フォーメーション馬券」の買い方についてのご説明になります。競馬場にいると。「フォーメーション」「ながし」「ボックス」など・・・。競馬初心者からしてみれば呪文のようにも聞こえてきますが、今回は「フォーメーション馬券」の買い方についてご説明しております。

フォーメーションとは?

「ながし」でも「ボックス」でもない比較的新しい買い方です。組合せ馬券(枠連・馬連・馬単・ワイド・三連複・三連単)すべてで用いることができます。競馬場で購入の際には「赤」色のマークシートを使って記入します。

どんなときに・・・?

たとえば、「次の競馬は三連単を買おう!」と決めたときに、5頭に絞ったとして、軸馬が決められず、「ボックス」買いをしようとしたとき、ものすごい点数になった経験はございませんか?5頭ボックスで60点。6頭だと120点・・・。1頭買い目を増やしていくたびに倍々ゲームのように点数が増えていきます。長く競馬を楽しむためには、少しでも点数を抑えたいものです。そんな時にフォーメーションを用いるのです。

たとえば先ほどの三連単BOXで・・・。

① 勝ちそう!

② 勝ちはしないけど2~3着なら・・・。

③ ②と同じ

④ 3着になら入りそう。

⑤ ④と同じ

という見立てをして。①→②③→②③④⑤ と、このようなフォーメーションを組むことができます。この場合の点数はなんと6点!資金の大幅な節約を可能にしたのです。これでしたら細かく多くのレースも購入でき、勝負の場合は大きく張る買い方も可能です。

オッズフィルターとして

「オッズフィルター」という聞きなれない単語が登場しました。たとえば、ワイドの馬券の購入を考えていた際に、以下のような結論に至ったとします。

① 抜けた1番人気

② 2番人気

③ 中穴狙いで5~6番人気

④ 一発大穴狙い

⑤ ③もしくは④と同じ

この場合ですが、ボックスで買ってしまうと10点買いとなります。

もしこのパターンで、①と②で的中しても、間違いなくトリガミになります。多点買いの場合、このパターンを的中を狙う必要はありません。

この場合に、③④⑤→①②③④⑤ というワイドのフォーメーションを組みます。こうすることによって、資金の節約と、トリガミの可能性を防ぐ「オッズフィルター」の役割を果たし、攻守にバランスのとれた馬券の買い方になります。

まとめ

以上がフォーメーション馬券の買い方になります。三連単購入時には、ボックスより大きく点数を抑え、ワイドや馬連には余計な組合せを排除できる万能な馬券です。是非ご活用いただければと思います。