競馬初心者が読むべき本3選

競馬の初心者の方が読むべき本をご紹介!競馬の歴史や面白さを伝えるものから、騎手にクローズアップしたもの、さらには馬券検討の際に役に立ちそうなものまで、初心者の方が読むべき本をご紹介します。

競馬の本を読もう!

初心者の方、競馬の本って見たことありますか?本屋さんで見たことあるという方でも、手に取ったことがない方がほとんどだと思います。もしかしたら「競馬本で専門用語とか多くて、読みづらそう…」と思っているかもしれません。

もちろん、競馬を深く理解していないと難しい本もありますが、初心者でもわかる本もあります。そのような初心者の方でも読みやすい、競馬の本をご紹介します。

競馬初心者が読むべき本3選

「優駿」(中央競馬ピーアール・センター)
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MG43VIN/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_PNLyyb8MNHP5V 

まずは競馬本の定番、「優駿」です。JRAの関連会社が出している雑誌ということで、信憑性もあり、初心者の方には適した本です。

中身は騎手や調教師などへのインタビュー、過去の名馬についての特集や、先週のレース回顧など、盛りだくさんとなっています。

さらに、競走馬を写した写真が他の雑誌より綺麗だと思います。馬券検討には利用しにくいかもしれませんが、競馬そのものを知るためにも読むべきでしょう。

「勝負師の極意」(双葉社)

https://www.amazon.co.jp/dp/B010FGNTG0/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_0RLyybWYZAYK2 

競馬界のスーパースター、武豊騎手について書かれた本です。

武豊騎手と言えば、最年少記録や最多勝記録を次々と塗り替え、過去にはオグリキャップやディープインパクトといった名馬にも騎乗した、トップジョッキーです。

しかしそんな武豊騎手も2010年に落馬事故に遭い、200勝前後していた勝ち星が50勝ほどまで落ちるという、大きなスランプを経験しました。そのスランプからどのように抜け出そうとしているのか、ということまで書かれています。

競馬を「騎手」という側面から見ることができ、さらに一番有名な武豊騎手について描かれているため、初心者の方には最適な本だと思います。

「田端到・加藤栄の種牡馬事典」(東邦出版)

https://www.amazon.co.jp/dp/4809413926/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_NWLyybAKBRWF0 

次は種牡馬事典です。種牡馬とは父馬のことで、血統を理解する上では大切な要素となってきます。

この本では種牡馬によってどんなレースが得意なのか、どんなコースが得意なのかといったことが書かれており、血統を馬券と結びつけるのに適しています。また血統というものは、父馬、さらにその父馬、さらにその父馬とずっと続いているものです。初心者の方にとっては最初は難しいかもしれませんが、このような流れをつかむことによって、血統をさらに理解できるでしょう。

また競馬を予想する上で血統が重要になってくるのみでなく、単純に観戦する際にも楽しみの一つになってくるでしょう。例えば、2013年の日本ダービーというレースでは、キズナという馬が勝ちました。実はキズナの父馬はあの有名なディープインパクトで、さらに同馬も日本ダービを勝っています。念願の親子制覇となりました。

もちろん逆に、父馬がどうしても勝てなかったレースを、子供が勝つこともあります。そのようなレースを見ていると、単純な予想だけでなく、違った視点で見ることもできます。

このように血統を理解できれば、馬券上手に一歩近づくかもしれません。

「中央競馬 2017年度版 重賞競走データBOOK」(にちぶんMOOK)

https://www.amazon.co.jp/dp/4537123230/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_TVgFybRDF48QK

次は重賞のデータBOOKです。重賞レースとは1日0〜1レース行われるもので、他の競走より特に賞金が高く、非常に盛り上がります。

この本は昨年の重賞レースの結果を中心に、細かく過去のデータが載っている本になります。もちろん他の本やネットでも過去の結果を見ることができますが、特にこの本では古いデータまで少し載っています。そのため、相性の良い騎手や、相性の良い種牡馬、さらに相性の良い臨戦過程なども、細かく読み込めばわかってくると思います。

重賞レースでは、特に力のある馬がたくさん出てくるので、力通りに決まることが多いように感じます。そのような場合、過去のデータを用いることがかなり重要になってくると思います。筆者としては、重賞レースのバイブルとして、強くおすすめしたい一冊です。

まとめ

  • 1冊目「優駿」(中央競馬ピーアール・センター)
  • 2冊目「勝負師の極意」(双葉社)
  • 3冊目「田端到・加藤栄の種牡馬事典」(東邦出版)