競馬初心者向けの馬券勉強術

競馬の初心者の方、競馬勉強中の方必見!馬券を買うにはどうしたら良いの?といった基本的なことから、馬券を当てるためにどのような勉強をすれば良いの?といった疑問にお答えします。これを読んで、当たる馬券術を勉強しよう!

馬券を買うにはどうしたら良いの?

馬券を買うには、3つの方法があります。

1つ目は競馬場で買うこと。競馬場では馬が走っているコースとつながっている施設があり、その中に馬券を購入できる機械があります。競馬場では走っている馬を見ながら馬券を購入することができるので、実際の馬の様子を見ながら馬券を購入することができます。

2つ目はWINSで買うこと。WINSとは場外馬券場のことで、馬は走っていませんが馬券を購入できる施設のことです。競馬場と違い、馬が走っている姿を実際に見ることはできませんが、大きなスクリーンで映像をチェックすることができます。また競馬場と違い、WINSは新宿や渋谷などの普通の街にもあるため、気軽に行くことができます。

3つ目はネットや電話投票で買うこと。今は実際に紙の馬券を買うのみでなく、ネットや電話でも購入することができます。ただし、クレジットカードの登録などの手間がかかることが難点です。またテレビの民放では全てのレースを中継しているわけではないので、実際にレースを見たいという人にはあまりおすすめできないかもしれません。もちろん、ラジオは全レース中継していたり、有料放送のグリーンチャンネルでは全レース放送しています。初心者のうちは、競馬場やWINSで買うことが懸命でしょう。

 

競馬の初心者向け、馬券勉強方法は?

では、実際に初心者の方が馬券を当てるために、どのような勉強をすれば良いのでしょうか?
ここでは3つ紹介したいと思います。

1つ目は、「レース映像を見ること」
まずはレース映像を見てみることをおすすめします。

多くの初心者の方は、レースをじっくり見たことがないという方がほとんどでしょう。JRAのホームページにいけば、過去のレース映像を見ることができます。レース映像を見ると、この競馬場では得意・この距離が得意・雨の日だと走るな…など、ある程度それぞれの馬たちの得意なレース傾向というものがわかってくると思います。

特に過去同じ距離、同じ競馬場で走っている場合は、大きな参考になります。例えば阪神ジュベナイルフィリーズというレースと、桜花賞というレースは、全く同じ阪神競馬場芝1600mでおこなわれます。この2つのレースは特に関連性が近いことで有名であり、近いところでは2013年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったレッドリヴェールという馬は、2014年の桜花賞でも2着に入りました。

このように、過去のレース映像を見るだけでも馬券が当たる確率が上がるかもしれません。また、テレビ中継などでもレース映像を放映していることがあるので、まずは映像を見ることから始めた方が良いでしょう。

2つ目は、「過去のデータを集めること」
過去のデータは、馬券予想において大きな役割を果たします。

例えば、1番人気の強い馬でも、苦手な展開や距離というものはあります。過去のデータを集めて「1番人気だけど苦手そうだな」と買い目から外したり、逆に「人気ないけど得意そう」ということで当てることができた、ということも少なくありません。

例えばエイシンヒカリという馬が2015年に出走した天皇賞(秋)というレースでは、2番人気に推されながら、9着と大敗してしまいました。東京競馬場の2000mというコース形態が、もしかしたら苦手だったのかもしれません。そして2016年、同じ天皇賞(秋)に出走し、なんとまたまた2番人気に推されました。しかし結果は12着大敗。

このように過去の映像を見ていれば、人気になっている馬でも、これは勝ちそうにないな…といったことが分かるかもしれません。地道な作業ですが、データを集めてみてはいかがでしょう。

3つ目は、「血統の本で勉強すること」
初心者の方は「血統ってそんなに大事?」と思われるかもしれませんが、競馬はブラッドスポーツ(血のスポーツ)と言われるほど、血統が大事になってきます。例えば長いレース距離が得意だった父馬が産んだ馬は、同じように長い距離が得意ということが多くあります。またある特定の母馬と父馬だけ、異常に相性が良いといったニックスと呼ばれる配合も存在します。

最初は難しいかもしれませんが、血統の本を買って勉強することで、短距離・長距離が得意な父系を探したり、ニックスを持っている馬を探したり、さらに勉強が進めば「雨が降ったときはこの血統が強い!」なんてこともわかるようになるかもしれません。

まとめ

  • 初心者は競馬場かWINSで馬券を買うべし
  • 馬券の勉強法1「レース映像を見ること」
  • 馬券の勉強法2「過去のデータを集めること」
  • 馬券の勉強法3「血統の本で勉強こと」